メールする相手は一人に絞り込まないほうがいい

2014-06-12

恋愛をするにあたり、一人の人を愛していくわけですが、出会アプリにおける恋人探しの場合は、本当に意中の人が見つかるまでは、複数の人と同時にメールをしてキープしておくことをお勧めします。
自分にとって本命の人だけに焦点を絞って…というのもいいのですが、確実に相手を見つけるためには複数の人とやり取りをすすめていく方が成功する確率が高くなりますよね。
これには理由があり、相手を一人に絞ってメールをしていると、その分ライバルもいるわけで競争が厳しくなってきたときに自分が向こうから断られることも考えられます。また、自分の考えていた人ではなかったということも少なからず出てくるからです。
出会アプリで意中の相手を見つける場合は特に気をつけたいのですが、最初は理想の相手だと思っていても、メールで関係が進んでいくうちに、「この人は何かが違うな」とか、「相性がちょっと悪いかもなぁ」と感じることもあるのです。
このようなときに一人の人だけとメールをしていたとすると、その人との関係を切りづらくなってきますし、新たに1から相手を探すのも、ライバルに後れを取ることになりますよね。
しかし、フィーリングが合わない人と、または出会アプリで出会える可能性の低い人と最後まであきらめずメールをするのも気持ちが持たないかもしれません。
これは相手も同じように考えているので、相手のほうから一方的にお断りをされる場合もあります。そういうときにも複数の相手と連絡を取っていれば、前を向いていけるでしょうし、自分からお断りすることも素直にできるわけです。
こういうメールのやり取りは友達登録と同じで、皆が同じ手段を用いて行っていることですので、このことに対して後ろめたさを感じることはありません。罪悪感も感じなくて問題ありません。逆に、相手が真剣に異性を探しているのに、自分が適当な相手ばかりしていたら、それこそ問題になるのではないでしょうか。
メールのやり取りに違和感を感じたり、連絡が少なくなってきた、相手の熱意が感じられなくなった場合は、別の相手を探す(移る)ということを考えたほうがいいでしょう。お互いに気持ちがなければいい出会いは見つかりませんしね。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.