6月, 2014年

メールする相手は一人に絞り込まないほうがいい

2014-06-12

恋愛をするにあたり、一人の人を愛していくわけですが、出会アプリにおける恋人探しの場合は、本当に意中の人が見つかるまでは、複数の人と同時にメールをしてキープしておくことをお勧めします。
自分にとって本命の人だけに焦点を絞って…というのもいいのですが、確実に相手を見つけるためには複数の人とやり取りをすすめていく方が成功する確率が高くなりますよね。
これには理由があり、相手を一人に絞ってメールをしていると、その分ライバルもいるわけで競争が厳しくなってきたときに自分が向こうから断られることも考えられます。また、自分の考えていた人ではなかったということも少なからず出てくるからです。
出会アプリで意中の相手を見つける場合は特に気をつけたいのですが、最初は理想の相手だと思っていても、メールで関係が進んでいくうちに、「この人は何かが違うな」とか、「相性がちょっと悪いかもなぁ」と感じることもあるのです。
このようなときに一人の人だけとメールをしていたとすると、その人との関係を切りづらくなってきますし、新たに1から相手を探すのも、ライバルに後れを取ることになりますよね。
しかし、フィーリングが合わない人と、または出会アプリで出会える可能性の低い人と最後まであきらめずメールをするのも気持ちが持たないかもしれません。
これは相手も同じように考えているので、相手のほうから一方的にお断りをされる場合もあります。そういうときにも複数の相手と連絡を取っていれば、前を向いていけるでしょうし、自分からお断りすることも素直にできるわけです。
こういうメールのやり取りは友達登録と同じで、皆が同じ手段を用いて行っていることですので、このことに対して後ろめたさを感じることはありません。罪悪感も感じなくて問題ありません。逆に、相手が真剣に異性を探しているのに、自分が適当な相手ばかりしていたら、それこそ問題になるのではないでしょうか。
メールのやり取りに違和感を感じたり、連絡が少なくなってきた、相手の熱意が感じられなくなった場合は、別の相手を探す(移る)ということを考えたほうがいいでしょう。お互いに気持ちがなければいい出会いは見つかりませんしね。

相手に無理やり合わせないということ

2014-06-12

出会アプリで知り合うきっかけになるのは、プロフィールが決め手になっていると言っても過言ではありません。
プロフィールはその時点では大事な役割を担ってはいますが、そこから先はメールの腕次第です。
メールでこそその人物の本当の姿が浮かび上がってくるのです。
これを何回もやり取りしていく以外に、相手を知るすべはないのですから。
こうして相手の事が分かってから初めて会うかどうかを判断する場面になっていくのです。
ここでありがちなのは出会アプリでもそうですが、好きな相手と近づくために自分の姿に無理をさせる事です。
偽りの自分を演出と言う訳です。
それでとりあえず会えるかもしれません。
上手に相手の好きそうな自分を演じ切れれば、確かにとりあえず相手も自分を気に入ってくれる事もあるでしょう。
しかしながら、そんな風にして出来上がった関係が崩れるのは時間の問題です。
違う自分を演じるのはには限度があります。
演じていれば嫌でもだんだん疲れます。
疲れた自分でいるのはやがてつらいものでしかなくなるのです。
それは自分には興味のない趣味などにちょっと話に載ってあげると言う事は普通にあるでしょう。
でも、それは上手な人間関係の構築と言える範疇です。
何も無理をしてでも構築する人間関係など、そのうち破綻するしかないのです。
好きな相手のために決して本来の自分を捨ててはいけません。
自分の趣味じゃないからと関心を持とうともしないのもいけませんが、自分の趣味はこういうものだとはっきり言うべきでしょう。
それを実際に会った時になってから、実は自分の趣味とは全然違う人なのが分かったら、さぞかしがっくりさせるだけです。
出会アプリではあらかじめそのような事は知らせておくべきなのです。
実際にはそれならそうでもかまわないもので、他の話題でもけっこう楽しい話で盛り上がったりするのですから。
相手に媚びへつらうような真似だけは止めておきましょう。

サブアカウントで別キャラを演じる

2014-06-12

出会アプリでの出会いの確率を高めていきたいと思っている男性は複数の出会アプリを同時に利用するのがいいでしょう。この手法でサイトを利用すれば、サイト数の分女性の人数が増えることになりますので、出会える可能性は高くなりますよね。
無料出会アプリのウリでもある、お金がかからないというメリットを存分に利用した手段ですね。
かなり特殊な使い方ではあるのですが、複数サイトを探して登録しなくても同じ無料出会アプリでも使える方法でもあります。それは同一のサービス内でアカウントを複数持つという方法です。以下、メインアカウントとサブアカウントという表現をします。
このような手法をサブアカと言いますね。出会アプリの場合メールアドレスだけで可能です。サブアカウントは1つだけではなく複数でも大丈夫ですので、自分の作戦次第でその利用方法を定めるといいでしょう。
サブアカウントを利用するときには、メインアカウントとキャラクターをはっきり分けておくというのが一つのポイントです。難しいかもしれませんが、まったく違う人物像をアカウントごとに作るのです。似たようなキャラクターだとバレてしまうこともありますので、まったく正反対に近いキャラクターのほうがいいかもしませんね。
メインアカウントでは、本当の自分自身。例えばスポーツが得意でアウトドア派な性格であるとしたら、サブアカウントではその反対。インドア派で読書とかが好きな文学系の人間を作り上げるのです。
この極端すぎるキャラクターがあれば、メインアカウントでは相手にしてもらえなかった女性からも、サブアカウントでは相手にしてもらえるかもしれませんので、出会いの確率というのはどんどんアップしていきますよね。
最初はまず、2つのキャラクターから始めるといいでしょう。3つ以上あるとぐちゃぐちゃになり、すべて失敗に終わる可能性もあります。別の人間を演じるというのは相当難しいことなんですね。
自分と正反対のキャラクターだけであれば比較的手を付けやすいでしょう。とにかく何よりも自分ではないキャラクターが崩壊しないよう、しっかりと演じきらないとバレてしまいますし、そうなったら元も子もありませんので。

プロフィールで自分を好印象に魅せるには

2014-06-12

出会アプリを徹底的に活用するのであれば、プロフィールを充実してものにしていくのがいいでしょう。プロフィールは自分をアピールするのに最適です。とはいっても、登録するのが面倒だったり、どうやったら魅力的なものになるか悩んでいる人も結構多いのかもしれません。
プロフィールには主に得意なことや、これだけは自信があるという自慢ができるようなことを記載すると魅力的ですが、自意識過剰なものは要注意です。出会アプリなんかだと気軽に利用されている方も多いかと思いますが、プロフィールはあまり難しく考えすぎてしまうと大変ですので、考えすぎないようにもしなければいけません。
ただの自慢屋さんになってしまうと、嫌味になってしまうこともあります。できることであれば、人から言われること、他の人から褒められることが多いことを記載していると受け入れられる傾向にありますね。
これは、お店の紹介などでも言えるかと思います。どんなに「自分の店は最高の料理を出します」とアピールするよりも、「このお店はオススメですよ」と口コミで聞く方が興味が持てますし、一度行ってみようかなという気持ちになりますよね。
自己紹介も同じです。「自分はレディーファーストで、気の利く性格です」と紹介したらちょっと嫌な感じがしませんか?それよりも、「自分ではあまり気にしていませんが、周りからは気の利く優しい人とよく言われます」という書き方のほうが、同じ気の利く優しさあふれる人でも、他人が見た自分の評価ということになります。
「自分で優しいという人ほど怪しい」と疑ってくる人も出会アプリにはいますけれども「周りから評価されているのであれば間違いないな」と信じてもらえる可能性も高くなりますし、あまり自意識過剰な人というのは本当に優しい人であっても、あまり印象は良くありませんよね。
プロフィールで自分の印象を良くするには、自分からの目線で自慢するよりも、周りから○○と言われるとの書き方のほうが、好感度が上がり、目に留まりやすくなるのです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.